桐田プロダクションジム
パーソナルボディチューニング

桐田プロダクションジム坂本のパーソナルボディチューニングを受けたい方はこちらからご予約、申し込みが出来ます。完全予約制です。

【ボディチューニングとは】

トレーニングや整体はありません。
日常生活やスポーツ、ウエイトトレーニング等を適切に行うための身体調整を、手技、キネシオテーピング、その他器具を使い行います。
  • 肩こり腰痛など一般的な身体的不具合に悩まされている方OK
  • 整形外科などの病院で診てもらい「特に問題なし」と言われているのに身体の動きが悪い方にお勧め
  • 膝や股関節、肩の関節等に問題を抱えており日常生活に支障がある方は身体チェックで何が問題なのか探します
  • 身体の筋力バランスをチェックすることが出来ます。スポーツをやっている方お勧め
  • 整形外科的なことで病院での診察も終わり、しかしリハビリが受けられない方、リハビリが上手く行かない方是非!
  • 筋力トレーニング、ウエイトトレーニングでより効果を出したい方もお勧め
  • その他身体の悩みなら取りあえずお話をお聞きします

【トレーニングではありません】

筋力や運動神経と言われるものを向上させることとは少々違います。
まずは「身体が正常に機能する事」「持っている身体の状態で最高の機能の状態に戻す事」、ボディチューニングはマイナスの状態を「ゼロ」の状態に戻していく、それをマンツーマンで行っていきます
我々の身体は健康と言われる人でさえ、気づかないマイナスの部分がある場合があります。
そのマイナスの気づかない部分が、年齢を重ねていくうちに、スポーツを続けているうちに、ウエイトトレーニングを続けていくうちに、最終的には問題を引き起こしていきます。
それらを未然に防ぐための対策、そして起こってしまった問題への対処まで、当社の「パーソナルボディチューニング」で行います。

【パフォーマンスアップの底上げをしてくれます】

筋力トレーニングやスポーツのいろんな技術練習だけがパフォーマンスを上げていく要因ではありません。
それらをきちんとこなせる「身体」があってこど、筋力向上や技術向上が成立します。
パーソナルボディチューニングで行う事は、それらのベースとなる「身体機能の正常化」です。
言い換えれば、いくら筋力トレーニングをやっても、スポーツの練習をしても、ベースとなる「身体機能」が正常でなければそれらの努力はかなりロスになり、無駄になるのです。
逆に言えば、筋トレで重量アップしなくても、スポーツで更なる技術練習を増やさなくても、「身体機能を正常」にするだけでパフォーマンスは劇的に上がります。
「身体機能の正常化」は「筋力向上トレーニング」などでは行えません。

【実はプロスポーツ選手はこれをやっています】

すべてのプロ選手ではないのですが、活躍している選手は身体機能の正常化を必ず行っています。
身体機能が正常なのは当たり前のことのように思いますが、実は当たり前の人は少ないのです。
正常でなくなるから怪我をする、それはプロ選手もそう。
怪我をしてしまったプロ選手は、身体機能を見直して、同じ怪我をしないように対策をしています。
その内の一つが「身体機能の見直し」なのです。

【実は一般人が一番必要なことです】

肩こり腰痛猫背等々、体が動かしづらいのは「身体機能が正常」ではないがゆえに起こります。
例えば猫背は姿勢正すのに筋トレをすればいい、という事も言われますが、ヒトは本来筋力を向上させなくてももともと持っている筋力で正しい姿勢を作れます。
では何故猫背は起こるのでしょうか。それが「身体機能」に関わってくるのです。
肩こりも筋力をつければ、と言いますが、実は筋力を付けすぎると返って方が凝ることがあります。
筋肉は付けすぎも良くないし、日常生活を行う上では「必要な筋肉量」というものがあるのです。

【怪我の後遺症を抱えている人にも必要です】

後で語りますが、私は「左膝」を怪我してしまい、最終的には「変形性膝関節症」です。
何かの拍子で歩き方が悪いと、膝が痛くなります。
これは一生付き合わなければならない怪我ですが、しかし身体機能を見直すことにより、改善することが可能です。
後遺症で正常に動けないところがあるのなら、そこからさらに悪化しないように身体機能を見直さなければなりません。
常に痛いのは嫌ですよね?そういう状態を改善するための対策やチューニングも行っております。

【トレーナーの語り】

整形外科、整体関連、パーソナルトレーニングなどで体を見てもらったり、持っている怪我などの症状を話すと必ず「満身創痍ですね」と言われる私がチューニングを行います。
満身創痍の身体だからこそ「身体機能の調整」という発想が思いついたのかも知れません。

本格的に「身体機能」に目を向けたのは2015年に左膝内側半月板損傷で負傷し手術をして、その後のリハビリが上手く行かず、膝の根本的な機能について興味が向いたから。
2015年は膝の痛みや思うように動かない膝に、心を蝕み、こっそり泣き続けていました。
いつ消えるかわからない痛みは「不安」だけではなく、卑屈になりそうになったりとネガティブな感情を生み出していきます。
痛さは慣れることはなく、痛みという感覚は心まで蝕むものだ、というのを心の底から感じたものでした。

ただこのままではならないと思い、スポーツ障害に対する勉強を独学で始め、その流れでキネシオテーピングというものに出会ったり、整体の技術を学んでみたり、整形外科的なことも勉強してみたり、 そして折角膝の悪い自分とう良い実験台があるのだからいろいろ試してみよう、そう思い、最終的にはそこで得た知識を他の人にも役立てたい、そう思い「パーソナルトレーニング」を始めたのでした。

そういう対策は資格を持っているパーソナルトレーナーがきちんと対策出来るのじゃないか、と思いがちですが、実はそのパーソナルトレーニングから理学療法士から鍼灸師やら整体やら、そういう方面もいろいろ巡りましたが、さっぱりだった、というのが実際です。
そもそもスポーツ系のパーソナルトレーナーは健康な人が多いです。
身体の痛い人がどれぐらい痛いかなんて、わかってくれない人が大半です。
唯一出会えた、これは本当に最近(2018年6月)出会った、自分と同じ考えを持っているプロ選手を相手にしている先生が、やっぱり同じような経験をしていたので、それが唯一という感じしょうか。

その先生に出会った時に「私の考えは間違いではなかった」と思い、私は私が学んだものを他の方の役に立てればと、自信を持つことが出来ました。
なかなか難しいのか、筋トレを教えるトレーナーには話が通じなく、もどかしかったのですが、でもかなり最先端で使われている概念なんだと思うと、一般に浸透してないのは仕方のない事だったのかな、と言うのも頷けます。

そういった苦労もあり、でもやっと、それをもっときちんとした形にして、いろんな身体に悩みを抱えている人に知ってもらわなくては、と思い、この「パーソナルボディーチューニング」を始めました。
どんな小さな悩みでも構いません。普通のトレーナーに聞けないようなことでも構いません。聞いて笑われてしまったことでも構いません。
是非「パーソナルボディチューニング」を受けてみてください。
実際にそういう方は当パーソナルを受けてます。

【料金・予約可能時間】

パーソナルボディチューニング料金は時間制になります。
  • 30分から 30分 3,000円
  • 延長10分毎に1,000円
  • 最大2時間まで延長できます。
    ※但し後に予約がある場合は時間調整ありなので、予約範囲時間を指定してください
  • 問い合わせの際のメール相談は無料です(無料でお答えできる範囲でしかお答えしませんが)

【その他】

パーソナルトレーニングと組み合わせることも出来ます。
例)パーソナルボディチューニング40分+パーソナルトレーニング60分、等
詳細はお問い合わせの際、お尋ねください。

お問い合わせ、ご予約はコチラから

※[問い合わせ内容等]に「パーソナルボディチューニング希望」「年齢」「性別」「希望予約日時、開始時間、予約範囲時間」「気になる身体の悩み、どうしたいか」を必ず明記してください。

GYMサイトへ

Copyright(c) 2014-2020
桐田プロダクションジム
http://桐田プロダクションジム.jp/
ALL Rights Reserved.
サイト内の文章・画像の無断使用・転載などを禁止します。